10月, 2017年

カルシウムたっぷりレシピオススメ

2017-10-09

カルシウムは人々の体に最も必要な栄養です。カルシウムの作用が多いです。例えば、骨や歯の構成成分など。ここでいくつかのカルシウムたっぷりレシピ紹介します。

 じゃがいも餅

材料 (2~3人分)

じゃがいも       3個(200g弱)

片栗粉          大さじ2と1/2

塩、こしょう      少々

とろけるチーズ     30g

ちりめんじゃこ     25g

バターまたはサラダ油  大さじ1

1じゃがいもをゆでる。(レンジでチンでもOK)

2じゃがいもを熱いうちにつぶして、片栗粉と混ぜる。

3塩、こしょう、チーズ、ちりめんじゃこを加えて混ぜる。

4手でギュッギュと固めながら、平たい丸にする。

5フライパンでバターもしくはサラダ油で両面焼く。

6最後に塩をふりかけて完成。

秋刀魚の梅酢煮

材料(3人分)

秋刀魚                  3尾

生姜                    ひとかけら

梅酢(梅干しつけてた酢)   大さじ3杯

砂糖                  大さじ1杯

みりん                 大さじ2杯

1秋刀魚は流水でしっかり水洗いする。

2頭と尾びれを切り落とし、半分に切って内臓を取り出してしっかり水洗いする。

3鍋に秋刀魚、水、昆布、生姜の千切り、砂糖、みりんを入れて火にかける。

4水分が少なくなって来たら魚を崩さないように裏返す。

5ほぼ水分が無くなったら火を止めこがさすもっと煮詰める為に器に入れて500W〜700W電子レンジで2〜3分チンする。

豆腐と卵のカルシウム丼

材料 (3〜4人分)

豆腐        一丁(今回340g)

卵         1〜2個

ごま油       適量

芽ひじき      小さじ3ぐらい

ちりめんじゃこ   大さじ3ぐらい

小松菜       2束ぐらい

ねぎ        5cmくらい

醤油        適量

1豆腐はキッチンペーパーなどで包み、レンチンするか重しを載せて軽く水切りしとく。ひじきも洗い、水に浸しておく。

2小松菜を1〜2㌢の幅に刻み、ネギは、小口切りに。ちりめんじゃこは、さっと湯通ししておく。

3フライパンにごま油を入れ、豆腐を崩しながら炒め、次に水切りしたひじき、ちりめんじゃこを入れて炒める。

4最後に、小松菜を入れてさっと炒め、溶きほぐした卵を回し入れてる。卵があまり固くならない程度で火を止める。

5お醤油を適量回しかけて、ご飯にのせてできあり。

 

Copyright(c) 2010-2013 日本人に足りない栄養素はカルシウムです All Rights Reserved.