5月, 2016年

素足りない栄養素描幸せ時

2016-05-30

p団地には、特殊な風景があります.

落日、ジジイ、ジジイ、車椅子、車椅子に座って、この中には珍しいペットの犬を抱いていた.車いすは調和の3つの家、ゆっくりと団地の渡り廊下に移動、1枚のデッサンの方式、団地の“構図のフレーム”に貼って.

は、2つの高層ビル、しかし、2つのビルの間には、広い空間があります.芝生、花壇、自は必ずある美化緑化風景、フィットネス機器も木桌べきで、石凳、大作の空き地に,足りない栄養素、住民が自己カジュアルなスペース.

三口の家は毎晩定刻に現れて.私の目には、風景として、私は、私の目には、私の目の中には、私の目には、されていた.

2人の老人の年齢も70歳以上になっている.約疾患の葛藤から、痩せている薄い顔に見える、ほとんどない表情の変化は、非常に近い骨、筋肉への構造、見届けて彼らは50年余りの共通の生活習慣、共有の生活経験、共同の悲喜に耐える.

彼らは言語交流がなく、行動には明らかな暗黙の呼吸がある.

ちょっと、大きな変化の草花が足を止めて見ると、大変化の草花が多く、人の目には感知しにくく、若い時には、花の愛にも決めています.車椅子で遊ぶ子供たちが近く滯在時間が多く、子供たちは屈託として演者て走って、老人は犢をなめて顔にあふれている.おそらく,これはその人が晩年まで、渇望の子孫をひざの一家団欒の楽しみましょう.

は、団地で簡単な風景を見た後、おじいさんは、お年寄りの町、外の町並みを見に行きます.団地の外は正規の町並みである.小商人は街の両側に屋台、野菜、果物、簡易の生活用品を売っています.新鮮なトウモロコシが降りる時、いくつかの行商人が道端の隅を売り始めた炭火コンロ、焼きトウモロコシ.老人を押しておばあさんはおもむろに街で歩いて、疲れて炭ストーブの隣に車いすを棒焼きトウモロコシ.おじいさんは手をしているの焦げた中は柔らかくトウモロコシの粒、先に渡しておばあさんの口の中で、おばあさんは口からして、おじいさんを剥ぐのトウモロコシ粒口で何となく吹いて、おばあさんは口を渡し.しかし、私は、彼はいつもハンカチを取り出してハンカチを取り出し、お年寄りはいつもハンカチを取り出して、おばあさんはいつか……二人はこの街で何の言葉もなく噛む、目は静かに静止の水、何のさざ波もない.されて焦げトウモロコシしわくちゃ地帯に少しでも黒ペースト、老人の顔があるかと似て形成された、彼らの人生の描写を靑春最年少のこずえの豊満まで、滑らかな、時間の焼きで、だんだん失ったうすい黄色の顔、かれた豊満ちるの水分、霜の殘したまだらに歳月の物語を話してい.かも知れない、だからこそ、経験した生活のとろとろ焼き,才生特有の香りを出した、人を惑わす味蕾、たまらない行きたい事細かに咀嚼中の味……

はドーマントを眺めている

Copyright(c) 2010-2013 日本人に足りない栄養素はカルシウムです All Rights Reserved.